FC2ブログ

還暦超おっさんの自炊レシピ~野菜を食べよう~

毎日のおかず作りに、失敗しない味付けのコツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

金甲山サイクル&ハイク

テレビ電波塔の集まる金甲山 ・・・ 満開の花見も兼ね ・・・ H28/4/2にサイクル&ハイク ・・・ 写真は去年12月に西側の常山から ・・・ 左のピークが怒塚山、右が金甲山ですが ・・・ 児島湖締切堤防からは怒塚山に阻まれます(笑) ・・・ 

サイクルハイク金甲山1  サイクルハイク金甲山2

登山経路の地図です(汗) ・・・ (太いですが)黒線が主な登山道で ・・・ 今回のコースは ・・・ ①から郡の里を通りぬけ ・・・ ため池畔の②に自転車をとめ ・・・ そこから上るショートカット版 ・・・ 
サイクルハイク金甲山3

ガイドブックのコースは ・・・ ⑦の地点、締切堤防の突き当りに駐車スペースがあり ・・・ そこに車(または自転車)をとめ(岡山駅から宇野行きのバスもあり) ・・・ 登山道をまず怒塚山にのぼり ・・・ いったんくだり、上りかえして ・・・ ③で今回の道と合流 ・・・ あとはこの記録のとおりです ・・・ 
サイクルハイク金甲山o

今回コースに戻ります ・・・ 締切堤防から突き当りを左折し ・・・ 太陽霊園の入口をパス ・・・ ①の地点、横断歩道右手の細い道を右へ ・・・ 
サイクルハイク金甲山4  サイクルハイク金甲山5

道は徐々に細くなり ・・・ のぼり坂も(自転車を押して)どんどん進むと ・・・ ②の地点、ため池(中池)に到着 ・・・ 右手に登山路があり ・・・ 送電線鉄塔を経由し尾根に ・・・ 
サイクルハイク金甲山7  サイクルハイク金甲山8

③で怒塚山からの道と合流 ・・・ 写真奥の右手から上ってきました ・・・ 三角点の標高は260m ・・・ 
サイクルハイク金甲山9 

少し下り、森をすすむと ・・・ ④に(ガイドブックによると)金毘羅宮の鳥居が ・・・ 賽銭箱の裏手の階段を上り ・・・ ロープを超え、左手の山道に ・・・ 上りきると車道に出会います ・・・ 
サイクルハイク金甲山a  サイクルハイク金甲山b  サイクルハイク金甲山c

少し登ったところから見た怒塚山 ・・・ 背景に児島湖~岡山市街が広がります ・・・ ぐるっとまがり駐車場に到着 ・・・ 左手にOHKの電波塔、奥にトイレ ・・・ まっすぐ進むと頂上はすぐです ・・・ 
サイクルハイク金甲山d  サイクルハイク金甲山e

頂上の展望台です ・・・ かなり大型 ・・・ 昔は売店でもあったんでしょうか ・・・ 屋上に上がると ・・・ 三角点の標高は403m ・・・ 瀬戸内海は絶景 ・・・ 豊島と直島方向の眺めです ・・・ 
サイクルハイク金甲山f  サイクルハイク金甲山g  サイクルハイク金甲山h

休憩して下りです ・・・ さきほどの山道の入口に戻り ・・・ 下っていくとすぐに鳥居付近に ・・・ 右にまがり山腹をすすむと ・・・ 谷あいの下り道にであい ・・・ 小川沿いにくだっていき ・・・ 途中10mくらい戻る感じで川をわたり ・・・ すぐ右手にとりくだっていくと ・・・ 
サイクルハイク金甲山i  サイクルハイク金甲山j

⑥の地点、ため池畔の誠徳院へ ・・・ 付近に十数本の桜が満開! ・・・ ソメイヨシノのピンクと(多分)大島桜の白の二種を独り占めできました ・・・ 
サイクルハイク金甲山k  サイクルハイク金甲山l  サイクルハイク金甲山m

下のため池に戻り ・・・ 自転車を回収 ・・・ ①への途中、山腹の桜や ・・・ お寺の庭にまたまた満開の桜 ・・・ この付近、秋には紅葉が楽しめ ・・・ 静かな里の散歩コースとしても ・・・ おすすめです。

以上
スポンサーサイト
  1. 2016/04/26(火) 17:51:07|
  2. 旅の記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ossanjisui.blog.fc2.com/tb.php/257-caa1ef8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。